日本車の利益率はエグいので安っぽい車ばっかりだ

 
C-HRがついにバックオーダーが無くなったということで失速中のようです。

まあ時期的なものがあって車が売れない時期と重なったから注文が切れたということはあるかもしれませんね。おそらくそうです。

ただトヨタ車は最近初動が伸びるが続かないということは懸念材料。C-HRも今後は売れ行きがつらそうな車種です。実用車ではないため難しいでしょう。

これから買うならC-HRはあり?



C-HRはこれから買うべきです。今後じっくり値段が下がった頃合いで買う。

そうしないと割高かな〜と思いますね。あの小さな車が300万円というのはどうも合点がいかない。やはりSUVということで上乗せされているんじゃないのかって。

日本車は利益率がエグいと実は言われていて安っぽい車に仕上がっているのはそのせいです。安い材質を使いまくって内装もショボく、軽量化して燃費が良いだけの車が出来上がるわけです。軽自動車なんて最悪でペラッペラの外装で100キロまで出るエンジンを積んで後は頑張ってGO!だという訳。

これじゃ死んじゃうよなっていう…。

安全性の観点から言って軽自動車はどうも危険なような気がしてなりません。あんな安い車でもしっかりと利益を出しているわけですから、どんだけユーザーが危険にさらされているか分かったもんじゃありません。

かと言って高い車、普通車はかなり高額ですから困ったものですね…。

どの車がコスパ高いのか?



これはとてもむずかしい質問ですね。具体的に言えば海外の方がコスパが高い車が多いです。

もちろん輸入車となるとそもそもが高額で本当にコスパ高いのかと言われるとそうでもない車種も多いです。だからこそ選ぶのが難しい。

しかし日本車で輸入車的な立ち位置のメーカーが今あります。それはスバルでしょう。スバルは日本向け車種以外は言ってみればアメリカで売れる車を作っているメーカーになっていますので例えばレヴォーグ以外はアメリカ向けですね。

新型インプレッサやクロストレック(XV)は相変わらず好評のようですよ。確かに安全性が高い車ですから信頼度も高いですね。

車体がやや大きいのとデザイン性が無骨なところを除外すると良い車なんじゃないのかって。後は車体価格がまあまあ安い。グレードを下げれば十分コスパが高いと思いますね。

その他のメーカーはちょっとコスパが悪い。ただ安いだけの日本車になっていてこれで良いのかと思いますから、やはり中古車や新古車で選ぶのが1番コスパ良好です。試乗車落ちの車も狙い目でしょう。新車に近くしかも実車が見られるのが何とも良いです。完全に新車は完成しないと見られないしキャンセルできません。

初期不良でよく大揉めしたりするのでかなりギャンブルですから、実車があって見られる方が良かったりします。

車買取 大分